Simple Hack : シンプルに好きなコト・モノを追求する

仕事で登山してきた

急きょ、仕事で登山することになった。もちろん遊びではない。

目的は無線の測定だったのだが、時間が限られていたため、ここ2年ほど公式に使用されていないルートを選択したところまでは良かったが、道は壊れているわ、ルートは分からないわで3時間の登山となった。

» More »


See all posts »

地元で開催される勉強会でLTに登壇することになった

ひょんなことから、12月初めに地元で開催される勉強会のLTで話すことになった。

内容は、いま仕事で取り組んでいる絡みのことを話す予定。

聞く人たちは全く知らない分野なので、いかに分かりやすく、かついかに楽しく聞いてもらえるかがポイントになるだろう。

人前で話すことは苦手ではないが、LTは初めてなので、楽しんで取り組みたい。

まずは資料作成だが、一般的な講演資料とは違って、1枚のスライドに言いたいことを1行だけ書いたりすることも多いので、かなりの枚数になりそうだ。(別に印刷するわけじゃないからいいけど・・・)

ネットで面白いLTを見て勉強しつつ、早めに資料を作ってリハーサルをしておかないと、直前になってバタバタしそうだから気をつけねば。


See all posts »

手帳には4色ペンで色分けしながら書き込む

いま使っている手帳(2016年版能率手帳ゴールド)には、4色ペンを使って書き込んでいて、それぞれの色には以下のようなルールを持たせている。

ペンはSHARPのジェットストリーム多機能ペン 4&1を使用していて、予定を書く際はまず最初にシャープペンで書き込んでいる。

そして1日が終わり、夜の落ち着いた時間に1日の振り返りを行いながら、過ごした時間が上記のどの時間に該当するかを判断して色別で清書する。また、清書後は予定の右に一日の気づきを2〜3行程度で記載する。(もちろん、気づきも内容に応じて色分けしている)

色分けをすると、1週間を振り返るときに自分の過ごしてきた時間が一目瞭然でわかりやすいので、興味が湧いたら試してみるのも良いかも。


See all posts »

2017年版の能率手帳ゴールドが届いた

先日注文した、来年のネーム入り能率手帳ゴールドが届いた。

» More »


See all posts »

リーガルパッドは自分にとても合ったメモツール

リーガルパッド

3ヶ月ほど前、海外のベンチャー企業幹部(日本人)と仕事をする機会があったのだが、その際に先方が取り出したメモが気になった。

打ち合わせ後に調べたところ、それは「リーガルパッド」と呼ばれるもので、欧米では普通に使われているものだと知り、さっそく文具店で買って使ってみたところ、自分にしっくりと合ったので、それ以降ずっとリーガルパッドを使い続けている。

リーガルパッドは、横罫線に縦ラインが一本入ってるだけの、とてもシンプルでペラペラの薄い紙で構成されている。種類によるが、黄色い紙のものと白い紙の2パターンが主流なようで、自分は黄色い紙を好んで使用している。使い続けているのは以下のような点が気に入ってるからだ。

これまで数々の有名なメモ帳(モレスキン、RODIAなど)を試してきたが、一度も最後まで使い切ったことが無かったのに比べ、リーガルパッドはすでに4冊目まで突入している。この時点で、飽きっぽい自分にとってどれだけ合っているかが分かる。

リーガルパッド。合う合わないはあると思うが、もし興味をもったら一度試していただきたい。


See all posts »

2017年の手帳は能率手帳ゴールドに戻す

10月に入り、来年の手帳を決める時期になった。

一昨年は能率手帳ゴールド、今年はGoogle Calendarでスケジュールを管理してきたが、以下のような理由で、来年は能率手帳ゴールドに戻すことにした。

ということで早速、JMAM eショップから能率手帳ゴールド(小型版ではない方)を注文した。一昨年と同じで、今年も名入りで注文。来年からは名入りのフォントが3種類から選択できるらしいので、新しいフォント(しかも悪趣味なピンク色)で頼んでみた。

と、ここまではデジタルを否定するようなことばかり書いてきたが、デジタルならではのメリットもあるので、出張予定など家族と共有しておかないといけない予定は、引き続きGoogle Calendarを使う予定。

完全アナログというよりも、アナログとデジタルの「ハイブリッド」という言い方のほうが正しいのかもしれない。


See all posts »

新年早々、海外出張らしい

仕事に行くと、朝一で上司から告げられた。

「年明け早々、アメリカに行ってもらうことになったよ。」

ということで、年明けすぐの出勤日からアメリカ(西海岸)へ立つことになった。

今の部署にい続ければ、いずれ海外に行く可能性はあるだろうと思っていたが、まさかこんなに早く来るとは思わなかった。

海外出張は上席の連中から行くよう暗黙のルールがあるのだが、今の部署では役職のついてるメンバーが全員海外出張経験ありだったので、経験のないメンバーの中で一番年寄りの自分に白羽の矢が立ったということらしい。

過去に海外に行ったのは1回のみ。6年前にアメリカ西海岸へ1週間ほど行ったことがあるだけだ。

でも、過去に行ったことのある地域なのが不幸中の幸いだった。(それと同時に、全く会話できなかった辛い過去も思い出したわけだが・・・)

今回出張するメンバーの中で自分がダントツの下っ端なので、旅程全ての調整をしなければならないが、楽しみながら取り組もうと思う。

まずはパスポートが切れていないかどうかチェックするところだな。あとはDMM英会話とかで事前にある程度の英会話を練習しておかねば・・・。

強制的に英語を勉強せざるを得ない状態になるのは、ナマケモノの自分にとっては非常にありがたい。

仕事がとても大変な時期だが、この出張を糧にがんばろう。


See all posts »

Subscribe: rss | twitter