SONY Cyber-Shot RX1R を購入

投稿者: | 2013年9月21日

「SONY Cyber-Shot RX1R」(以下,RX1R)を購入した。

値段はハンパじゃないし,CCNA受験に向けて学習中だしで,なぜ今このタイミングでと思われるだろう。でもこれは、半年以上も前から考えていたことだ。

子供が2歳を迎えるごろ(現在2歳5ヶ月)から,子供の体重が重くなってきたこと(+自分の老い?)で,これまでメインで使用していたPENTAX K10Dを引っさげながら子供を抱いて動くのに限界がきていた。なので、ここ最近は家族で出かけるときでもカメラを持たずに出ることが多くなっていた。

ちょっとした時ならiPhoneのカメラでも十分だが,今しかない子供の写真は少しでもキレイな形で残しておきたいということで,ここ最近はミラーレスなど軽量で写りの良いコンデジを探していたら,ちょうど良いタイミングでFUJIFILMより「X-M1」が発表された。

レンズキットで9万円前後という金額は決して安いものではないが,X-Trans CMOSを搭載した本機は自分にとってかなり魅力的で,実物を見て気に入ったら買おうと決心して発売後にヨドバシへ行った。

期待どおり展示されていたので,さっそく手に取っていくつか試し撮り。いい感じ。ほぼ決まり。

買う前に最近のカメラ市場でも眺めておくかな〜と,SONYのコーナーに行ったら黒くて高級そうなコンデジのあるスペースを発見。これが「RX1R」だった。

「コンデジなのに,なんでこんなに特別扱いされてるの・・・は?24万円!?」

カメラ好きの後輩から「SONYからキチガイスペックのコンデジ出てますよ」とは聞かされていたが,まさかこれか?と思いつつ,とりあえず試しに触って撮ってみることに。

「うわ・・・やられた」

これがファーストインプレッションだった。完全にしてやられた。

フルサイズの写りの良さ,単焦点(しかも一番好きな35mm),見た目、高級感,軽さ,どれをとっても自分の”どツボ”にハマってしまった・・・。そんなにすぐ分かるわけないだろと言われそうだが2、3枚撮っただけで「これだ!」と確信してしまった。直前までX-M1を触っていたから特にそう感じたのかもしれない。

が、しかし値段がおかしい。当然ながらその場はあきらめてパンフレットだけもらって帰路につくことに。この時すでにX-M1のことは完全に忘れていた。

衝動的な物欲で動いて痛い目をみたことがあるので、「○○が欲しい!」と思ったときは10日以上置くようにしている。こうすると意外と物欲は収まることが多いが、今回は1ヶ月以上もずっと欲しいままで,勉強中についついネットで作例を見て回ってしまうほど物欲が高まってどうしようもなくて今回購入に至ったというところだ。

「RX1」にするか「RX1R」にするかというところでは悩んだが,今後普及してくるであろう「ローパスフィルターレス仕様」を試してみたかったので最終的には「RX1R」を選択。

SONYはあまり好きではないが,このカメラに関しては目をつむる・・・キタムラネットで頼んだが,在庫状況が思わしくないようなのでいつ届くのやら。とにかく楽しみにしつつ待つとする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です