Rasberry Piのセットアップに最低限必要な7つのアイテム

先日購入した「Rasberry Pi (Model B)」がだいぶ前に届いていたが、ようやく暇を見つけてセットアップに必要なアイテムをかき集められたのでここで紹介する。

なお、今回はあくまで「Model B」タイプの内容であり、「Model A」タイプではないため注意。(Model Aは仕様が異なる)

【1.本体】

RasberryPi

RasberryPiまずこれがないと何も始まらないので、Amazon経由でケース付きのものを購入。中には本体と、ペラペラの説明書が2枚。説明書までコンパクト。ちなみに左の箱が本体で、右の箱は専用ケース。

【2.電源ケーブル】

power-supply

Rasberry Piは”マイクロUSB”端子からの電源供給が可能。家の中を探し回ったら、引き出しの奥に眠っていたケーブルが見つかったのでそれを流用。(電源規格を満たすことは確認済み)

【3.SDカード】

SD card

Rasberry PiのHDDとなる要のアイテムで、容量は4GB以上が必要。どのSDカードを買えば良いかは、動作確認済みSDカード一覧(英語サイト)を参照のこと。

私は、家電量販店に売られている8GBタイプの中で一番安かった「SanDisk SDHC Card 8GB ( Class 4 )」を購入。

なお、写真左の箱はRasberry Pi本体の箱だが、裏面にSDカードに関する注意書きがあったので合わせて掲載した。といっても、「最新のOSをSDカードに入れてね」という内容しか書かれていない。

【4.HDMIケーブル】

HDMI cable

初期のセットアップは必ず画面で行う必要があり、そのためにRasberry PiにはHDMI端子が付いている。ディスプレイと接続するためにHDMI-HDMIケーブル(19ピン標準コネクタ-19ピン標準コネクタ)を購入。

【5.ディスプレイ(テレビ)】

TV

はいはい、HDMIケーブル買っても肝心のコレがないと意味がない。最近のディスプレイにはHDMI端子の付いているものが多いが、うちにはなかったのでテレビ(東芝レグザ)を使用。

【6.USBキーボード、USBマウス】

keyboard-mouse

一度セットアップしてしまえば以後はリモート接続するの問題ないが、初期セットアップ時に必要になるのがUSB対応のキーボードとマウス(※キーボードだけで操作する自信があればマウスは不要)

自宅を探していたらなぜか見つかったので、それを流用。

【7.LANケーブル or USB用Wi-fiアダプタ】

LAN cable

Rasberry Piは当然オフラインで使用することもできるが、小型PCであることのメリットを考えれば”LANに接続しないという選択肢はない”だろう。私はルータのそばに本体を置く予定且つ、通信の安定性を考慮して有線にする予定だったので、その辺に転がっていたLANケーブルを準備。

 

本体を除き、SDカードとHDMIケーブル以外は既に持っているもので対応できたのでコストが大きく嵩まずに済んだ。私はSDカードとHDMIケーブルを会社近くの家電量販店で揃えたが、私と同じ条件でAmazonで揃えられれば「\5,800(本体)+\872(SDカード)+676(HDMIケーブル)+送料=\7,348+送料」でRasberry稼働にこぎ着けられそうだ。(注:価格は2014/2/24時点を参考)

無事にセットアップが完了したら、内容をまとめてブログに挙げる予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です