手帳には4色ペンで色分けしながら書き込む

いま使っている手帳(2016年版能率手帳ゴールド)には、4色ペンを使って書き込んでいて、それぞれの色には以下のようなルールを持たせている。

  • 黒:仕事。1週間のうち最も時間を使う仕事には黒を割り当てる。だいたいいつも仕事に追われているので、手帳の見開き8〜9割ぐらいは黒文字が占めている。
  • 青:投資。自分が「この時間は自分にとって価値のある時間だ」と判断したら青で記載する。仕事であろうが、ダラダラと動画を観ようが、自分にとって投資の時間だと感じたら青を使う。4色の中で最も増やしたい色である。
  • 緑:家族・趣味。家族との時間やギターを弾く時間など、投資の時間でもあるが充電時間でもある場合は緑で記載する。
  • 赤:休み。休暇予定などを記載。

ペンはSHARPのジェットストリーム多機能ペン 4&1を使用していて、予定を書く際はまず最初にシャープペンで書き込んでいる。

そして1日が終わり、夜の落ち着いた時間に1日の振り返りを行いながら、過ごした時間が上記のどの時間に該当するかを判断して色別で清書する。また、清書後は予定の右に一日の気づきを2〜3行程度で記載する。(もちろん、気づきも内容に応じて色分けしている)

色分けをすると、1週間を振り返るときに自分の過ごしてきた時間が一目瞭然でわかりやすいので、興味が湧いたら試してみるのも良いかも。

2017年版の能率手帳ゴールドが届いた

先日注文した、来年のネーム入り能率手帳ゴールドが届いた。

中身一覧封筒箱

中身一覧

↑中身は一昨年と全く変わらない感じ。統一されていて逆に好印象かな。

ご対面

ご対面↑年号とネームのバランス悪!!

冊子

メモ用冊子↑冊子が2冊ついてくるのも変わっていない

ネーム

ネーム↑これは正直失敗だった・・・ネームはこれまでどおりの字体(明朝体)が良かった。

小型版との比較

小型版との比較↑昨年・一昨年は小型版だったが、今年は通常版(?)を購入したのでサイズを比較。小型よりちょっとだけ大きいように見えるが、手に持ってみると明らかに大きさが違うのが分かる。

手帳は今年の12月スタートなので、あと1ヶ月はおあずけだが、12月からはこの手帳に見られたら恥ずかしいようなことをたくさん書いていきたい。

なお、10月11日に注文してから28日に届いたので、ネーム入りだと15日ぐらいかかるらしい。注文される方はお早めに。

リーガルパッドは自分にとても合ったメモツール

リーガルパッド

3ヶ月ほど前、海外のベンチャー企業幹部(日本人)と仕事をする機会があったのだが、その際に先方が取り出したメモが気になった。

打ち合わせ後に調べたところ、それは「リーガルパッド」と呼ばれるもので、欧米では普通に使われているものだと知り、さっそく文具店で買って使ってみたところ、自分にしっくりと合ったので、それ以降ずっとリーガルパッドを使い続けている。

リーガルパッドは、横罫線に縦ラインが一本入ってるだけの、とてもシンプルでペラペラの薄い紙で構成されている。種類によるが、黄色い紙のものと白い紙の2パターンが主流なようで、自分は黄色い紙を好んで使用している。使い続けているのは以下のような点が気に入ってるからだ。

  • 簡単に切り離せる。仕事では、複数のプロジェクトが同時に動いていることもあり、私はプロジェクトごとにマニラフォルダを使って、関連資料を全部投げ込んでいる。リーガルパッドは1枚1枚を切り離すことができるので、1枚の中に自分のアイディアをまとめたり、打合せメモなどを書いたあとは、それを切り離してマニラフォルダにぶち込めるので、「あのメモどこにやったっけ〜」と探す必要もない。
  • すぐに書ける。通常のメモ帳は、書くときに空白ページを確認してから書き始める必要があるが、リーガルパッドには表紙なんてものがないので、取り出してすぐに書ける。自分は常に空白ページが一番上に来るようにしている(めくっておく)ようにしているので、何かを書きたいと思ったときに意識を寸断されることなく書き始めることができる。
  • 安い。私が愛用しているのはダイソーで売られているリーガルパッド(A4型)で、これは50枚1組が100円(税抜)で買える。安いので、職場・カバン・自宅に常備して、どこでも同じ環境になるようにしている。
  • 薄い。紙が本当に薄いので、50枚セットぐらいでもかさばらない。ポイッとカバンに入れても大丈夫。(ただ、カバンのモノに当って、紙が折れ曲がってしまうこともしばしば)
  • アイディアが出やすい。ここは全く論理的ではないが、黄色のリーガルパッドを見ていると視覚効果でもあるのか、アイディアが浮かびやすいと感じている。ちなみに、横罫線は無視して文章ではなく絵で書いていることがほとんど。(作成する提案書は絵が多いので)
  • 純粋に使っていて楽しい。自分の気に入っている万年筆やペンを持って何やら書いていると、それだけで楽しいと感じる。これまではいきなりPCと向き合って提案資料を書こうとすることもあったが、最近はリーガルパッドである程度の構想や絵を作ってから、PCで落とし込むようにしている。(おかげで効率が上がった・・・ような気がする)

これまで数々の有名なメモ帳(モレスキン、RODIAなど)を試してきたが、一度も最後まで使い切ったことが無かったのに比べ、リーガルパッドはすでに4冊目まで突入している。この時点で、飽きっぽい自分にとってどれだけ合っているかが分かる。

リーガルパッド。合う合わないはあると思うが、もし興味をもったら一度試していただきたい。

2017年の手帳は能率手帳ゴールドに戻す

10月に入り、来年の手帳を決める時期になった。

一昨年は能率手帳ゴールド、今年はGoogle Calendarでスケジュールを管理してきたが、以下のような理由で、来年は能率手帳ゴールドに戻すことにした。

  • 予定を入力するのに、スマホを取り出して入力するのが億劫。これはもはや性格的な問題なのだが、スマホでチマチマと操作をするのがあまり好きではない。それにスマホの場合、スマホ取り出し→ロック解除→アプリ立ち上げ→入力という4つの工程になるが、手帳の場合は、手帳取り出し→筆記用具取り出し→入力の3工程で済ませることができる。
  • 手で「書く」ということに楽しみを感じる。企画部門に勤めていると、内容の検討段階からいきなりパソコンで書くようなことはせず、まずは紙に自分なりの考えを書いて、頭を整理してからパソコンに落とし込む。そんなことをしているうちに、「やっぱりアナログで手を動かすのっていいよね」と考えるようになった。
  • Google Calendarは家族で共有しているので、予定がゴチャゴチャして見える。うちの妻はメモ魔だ。カレンダーをデジタルで共有しようと決めてからは、仕事の予定から買い物リストまで全てをカレンダーに書き込んでいるので、自分の予定まで入れるとスケジュールが予定だらけになってあまり気持ちのよいものではない。
  • デジタルだと予定の変更が見えない。デジタルはとても便利だ。時間の変更があってもドラッグ・アンド・ドロップすれば簡単に変更できる。しかし、これには一つの欠点があって、その予定が変更されたものかどうかが分からない。今の部署は予定の変更がとても多いので、あとで見返すときに履歴を残しておけるというのは重要になる。デジタルでもできないことではないが、同じスケジュールを入れて、こっちは変更前〜こっちが変更後〜と入力するのは面倒くさい。消えた予定をサッと取り消し線を引いて、矢印で「変更」と書いた方が楽。

ということで早速、JMAM eショップから能率手帳ゴールド(小型版ではない方)を注文した。一昨年と同じで、今年も名入りで注文。来年からは名入りのフォントが3種類から選択できるらしいので、新しいフォント(しかも悪趣味なピンク色)で頼んでみた。

と、ここまではデジタルを否定するようなことばかり書いてきたが、デジタルならではのメリットもあるので、出張予定など家族と共有しておかないといけない予定は、引き続きGoogle Calendarを使う予定。

完全アナログというよりも、アナログとデジタルの「ハイブリッド」という言い方のほうが正しいのかもしれない。

新年早々、海外出張らしい

仕事に行くと、朝一で上司から告げられた。

「年明け早々、アメリカに行ってもらうことになったよ。」

ということで、年明けすぐの出勤日からアメリカ(西海岸)へ立つことになった。

今の部署にい続ければ、いずれ海外に行く可能性はあるだろうと思っていたが、まさかこんなに早く来るとは思わなかった。

海外出張は上席の連中から行くよう暗黙のルールがあるのだが、今の部署では役職のついてるメンバーが全員海外出張経験ありだったので、経験のないメンバーの中で一番年寄りの自分に白羽の矢が立ったということらしい。

過去に海外に行ったのは1回のみ。6年前にアメリカ西海岸へ1週間ほど行ったことがあるだけだ。

でも、過去に行ったことのある地域なのが不幸中の幸いだった。(それと同時に、全く会話できなかった辛い過去も思い出したわけだが・・・)

今回出張するメンバーの中で自分がダントツの下っ端なので、旅程全ての調整をしなければならないが、楽しみながら取り組もうと思う。

まずはパスポートが切れていないかどうかチェックするところだな。あとはDMM英会話とかで事前にある程度の英会話を練習しておかねば・・・。

強制的に英語を勉強せざるを得ない状態になるのは、ナマケモノの自分にとっては非常にありがたい。

仕事がとても大変な時期だが、この出張を糧にがんばろう。