さようならロリポップ。こんにちはエックスサーバ。

投稿者: | 2015年6月18日

これまで、当ブログをロリポップで運用していたが、表示速度が遅すぎて気にくわなかったので、エックスサーバへ乗り換えた。(※DNSの反映時間を考慮しても、もう完全に切り替わっていると思われる)

プラグインなどを使用して簡単に(?)移行する方法もあるようだが、WordPressの構成について知る良い機会だと思ったので、自力でやってみた。

移行方法

ブログで使用しているWordpressの移行は、以下のサイトを参考にした。(Googleで「wordpress 移行」と検索すると出てくる)

移行時のトラブルと対処

基本的には上記サイトのとおりに実施すれば問題ないが、移行後、自分の環境で2点ほど不具合が発生した。

1.投稿画面の本文を書く欄に文字を打つと、白文字になる。しかも文字色を変えられない。

いくら文字を打っても見えない。しかも色を変えられないので、これは移行失敗かと思ったが、ダメもとで「WordPress管理画面」→「ダッシュボード」→「更新」から、WordPressの「再インストール」を実行したら直った。対処法として正しいのか分からないが、直ったのでとりあえずヨシとする(その後、同事象は発生していない)

2.ブログで「続きを読む(moreタグ)」をクリックすると、404ページへ飛ばされる。

これには悩まされたが、色々と調べた結果、「.htaccess」ファイルのRewrite設定に手を加える必要があると判明。ロリポップ!を使っていた頃の「.htaccess」ファイルを確認し、エックスサーバ側の「.htaccess」ファイルに書かれていなかった以下の内容を追記して、問題解決。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{HTTP:Accept-Encoding} gzip
RewriteRule .* – [E=W3TC_ENC:_gzip]
RewriteCond %{HTTP_COOKIE} w3tc_preview [NC]
RewriteRule .* – [E=W3TC_PREVIEW:_preview]
RewriteCond %{REQUEST_METHOD} !=POST
RewriteCond %{QUERY_STRING} =””
RewriteCond %{REQUEST_URI} \/$
RewriteCond %{HTTP_COOKIE} !(comment_author|wp\-postpass|w3tc_logged_out|wordpress_logged_in|wptouch_switch_toggle) [NC]
RewriteCond “%{DOCUMENT_ROOT}/wp-content/cache/page_enhanced/%{HTTP_HOST}/%{REQUEST_URI}/_index%{ENV:W3TC_PREVIEW}.html%{ENV:W3TC_ENC}” -f
RewriteRule .* “/wp-content/cache/page_enhanced/%{HTTP_HOST}/%{REQUEST_URI}/_index%{ENV:W3TC_PREVIEW}.html%{ENV:W3TC_ENC}” [L]
</IfModule>

移行してみて思ったこと

移行前後の「phpMyAdmin」にアクセスしてデータベースを引っこ抜いたり、移行ファイルの一部書き換えが必要だったりと、少し専門的な知識がないとトラブル時に困ることになるので、あまり詳しくない人は移行用のプラグインを使った方がいいのかも。(参考サイト:プラグインでWordPressを楽々お引っ越し!duplicatorならサーバー移転も簡単。:WEBSAE

とはいえ、プラグインはあくまでWordPressに限ったものだから、ドメイン変更やDNSの設定変更あたりは自分でやるしかないんだけどね・・・。

 

諸問題はあったが、このブログを見て頂いている人からすれば「何が違うのか全く分からない」と思えるぐらい、違和感なくエックスサーバに移行できたと思う。見た目はわからなくても、確実にブログの表示速度が上がっているので、閲覧性は向上している。

カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です