平成26年分の確定申告(e-tax)

去年に引き続き、今年も妻が派遣で働いた分のe-taxでの確定申告をお手伝い。

ただ、去年まで使っていたMacを買い替えたこともあって、今年は無難にWindowsで実施。理由は、Windowsの方がMacよりセットアップが簡単だということもあるし、e-taxがMacOSの最新版である「Yosemite」に対応していないので・・・。

参考:推奨環境一覧

推奨OS一覧

昨年は初e-taxで、住基カード発行(役所)〜電子署名のパスワード設定を間違えてロックされて解除(役所)〜で数日かかったが、今回はセットアップを含めて1時間程度で終了。掛かった費用も0円で、2回目にしてようやくe-taxの恩恵を受けた感じ。

ちなみに、e-taxは下画面の項目にあるように、過去の年分のデータを利用することができる。これは過去と同じような内容での申告をする(支払者が過去の年分と同じなど)場合に便利で、うちはコレを使って申請した。効果的には5〜10分ぐらいの時間削減かな?

過去のデータを利用

毎年恒例だが、この時期になると確定申告会場には多数の人が訪れ、30分にも満たない申告のために何時間も待たされることになる。大人が自分だけ行ける環境であれば良いが、我が家のように0才児の子を連れていかざるを得ない家庭にとっては非常に困る。インフルエンザも流行ってるし。

今年も妻は派遣で働くみたいなので、来年もe-taxでやるつもり。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です