Fitbit Charge HRを1週間着けて分かったこと

Fitbit Charge HRを使い始めて1週間ちょっと経ったので、これまでの使用感をまとめてみた。(※画像はPCサイトの画面より)

買って日が浅いせいか、データを見ると普段の生活でも色んな変化が見えて面白い。

データ

全部は試していないが、主要なデータの正確性は思ったよりも高くて満足している。

歩数データ

↑ 月間の歩数データ。アクティブに動いた日とそうでない日が明確に見えて面白い。

チャンピオン!

↑ 各データで1日の目標値(例:歩数10,000歩)を超えると、謎の「チャンピオン!」が現れる。

ジョギング中の心拍数

↑ 運動中の心拍数データ。1日のデータもそうだが、このように運動中のみ抜粋したデータも見れる。(運動前後でFitbitのボタンを長押ししてワークアウトモードにする必要あり)

睡眠データ

 

↑ ある1日の睡眠データ。上はAM2時〜6時ぐらいまで寝たデータで、そのあと下の7時〜10時ぐらいで2度寝したというデータになる。2度寝や昼寝などもちゃんと計測してくれる。(ただ、椅子で寝たりした場合は計測されないっぽい)

装着感

Good!

私は皮膚が弱いため肌荒れを心配していたが、運動後・入浴後にFitbitを軽く拭いてあげるだけで、ここまで肌荒れは全く起きていない。

良いところ

  • 運動をする意識が高くなった。休みの日をダラダラ過ごしていると、全然歩いていないことに罪悪感を感じるので、ウォーキングに出かけることもあった。
  • 普段の生活が「数字」で見えるのが純粋に楽しい。自宅〜会社間の往復でどれぐらい歩いてるのか、飲み会のときの心拍数など、新しい気づきが得られる。

悪いところ

  • Fitbitを着け始めてから腕時計を着けなくなったが、Fitbitは常に時間が表示されているわけではないため、毎回時間を表示させるアクション(ボタンを押すor本体を数回トントンする)をするのが面倒くさい。
  • Yシャツを着ると完全に袖に隠れてしまうため、いざ時間が見たいときに、わざわざ袖を捲らなければいけない。

買いか?

市場価格が約2万円と、安い買い物ではないので自信を持ってオススメはできないが、新しいモノ好きにはオススメ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です