手帳には4色ペンで色分けしながら書き込む

いま使っている手帳(2016年版能率手帳ゴールド)には、4色ペンを使って書き込んでいて、それぞれの色には以下のようなルールを持たせている。

  • 黒:仕事。1週間のうち最も時間を使う仕事には黒を割り当てる。だいたいいつも仕事に追われているので、手帳の見開き8〜9割ぐらいは黒文字が占めている。
  • 青:投資。自分が「この時間は自分にとって価値のある時間だ」と判断したら青で記載する。仕事であろうが、ダラダラと動画を観ようが、自分にとって投資の時間だと感じたら青を使う。4色の中で最も増やしたい色である。
  • 緑:家族・趣味。家族との時間やギターを弾く時間など、投資の時間でもあるが充電時間でもある場合は緑で記載する。
  • 赤:休み。休暇予定などを記載。

ペンはSHARPのジェットストリーム多機能ペン 4&1を使用していて、予定を書く際はまず最初にシャープペンで書き込んでいる。

そして1日が終わり、夜の落ち着いた時間に1日の振り返りを行いながら、過ごした時間が上記のどの時間に該当するかを判断して色別で清書する。また、清書後は予定の右に一日の気づきを2〜3行程度で記載する。(もちろん、気づきも内容に応じて色分けしている)

色分けをすると、1週間を振り返るときに自分の過ごしてきた時間が一目瞭然でわかりやすいので、興味が湧いたら試してみるのも良いかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です