Work

2017年の手帳は能率手帳ゴールドに戻す

10月に入り、来年の手帳を決める時期になった。

一昨年は能率手帳ゴールド、今年はGoogle Calendarでスケジュールを管理してきたが、以下のような理由で、来年は能率手帳ゴールドに戻すことにした。

  • 予定を入力するのに、スマホを取り出して入力するのが億劫。これはもはや性格的な問題なのだが、スマホでチマチマと操作をするのがあまり好きではない。それにスマホの場合、スマホ取り出し→ロック解除→アプリ立ち上げ→入力という4つの工程になるが、手帳の場合は、手帳取り出し→筆記用具取り出し→入力の3工程で済ませることができる。
  • 手で「書く」ということに楽しみを感じる。企画部門に勤めていると、内容の検討段階からいきなりパソコンで書くようなことはせず、まずは紙に自分なりの考えを書いて、頭を整理してからパソコンに落とし込む。そんなことをしているうちに、「やっぱりアナログで手を動かすのっていいよね」と考えるようになった。
  • Google Calendarは家族で共有しているので、予定がゴチャゴチャして見える。うちの妻はメモ魔だ。カレンダーをデジタルで共有しようと決めてからは、仕事の予定から買い物リストまで全てをカレンダーに書き込んでいるので、自分の予定まで入れるとスケジュールが予定だらけになってあまり気持ちのよいものではない。
  • デジタルだと予定の変更が見えない。デジタルはとても便利だ。時間の変更があってもドラッグ・アンド・ドロップすれば簡単に変更できる。しかし、これには一つの欠点があって、その予定が変更されたものかどうかが分からない。今の部署は予定の変更がとても多いので、あとで見返すときに履歴を残しておけるというのは重要になる。デジタルでもできないことではないが、同じスケジュールを入れて、こっちは変更前〜こっちが変更後〜と入力するのは面倒くさい。消えた予定をサッと取り消し線を引いて、矢印で「変更」と書いた方が楽。

ということで早速、JMAM eショップから能率手帳ゴールド(小型版ではない方)を注文した。一昨年と同じで、今年も名入りで注文。来年からは名入りのフォントが3種類から選択できるらしいので、新しいフォント(しかも悪趣味なピンク色)で頼んでみた。

と、ここまではデジタルを否定するようなことばかり書いてきたが、デジタルならではのメリットもあるので、出張予定など家族と共有しておかないといけない予定は、引き続きGoogle Calendarを使う予定。

完全アナログというよりも、アナログとデジタルの「ハイブリッド」という言い方のほうが正しいのかもしれない。

新年早々、海外出張らしい

仕事に行くと、朝一で上司から告げられた。

「年明け早々、アメリカに行ってもらうことになったよ。」

ということで、年明けすぐの出勤日からアメリカ(西海岸)へ立つことになった。

今の部署にい続ければ、いずれ海外に行く可能性はあるだろうと思っていたが、まさかこんなに早く来るとは思わなかった。

海外出張は上席の連中から行くよう暗黙のルールがあるのだが、今の部署では役職のついてるメンバーが全員海外出張経験ありだったので、経験のないメンバーの中で一番年寄りの自分に白羽の矢が立ったということらしい。

過去に海外に行ったのは1回のみ。6年前にアメリカ西海岸へ1週間ほど行ったことがあるだけだ。

でも、過去に行ったことのある地域なのが不幸中の幸いだった。(それと同時に、全く会話できなかった辛い過去も思い出したわけだが・・・)

今回出張するメンバーの中で自分がダントツの下っ端なので、旅程全ての調整をしなければならないが、楽しみながら取り組もうと思う。

まずはパスポートが切れていないかどうかチェックするところだな。あとはDMM英会話とかで事前にある程度の英会話を練習しておかねば・・・。

強制的に英語を勉強せざるを得ない状態になるのは、ナマケモノの自分にとっては非常にありがたい。

仕事がとても大変な時期だが、この出張を糧にがんばろう。

2015年の目標

2015年 あけましておめでとうございます。

本年も当ブログをよろしくお願いいたします。

ということで、年も明けたので、さっそく今年の目標を決めました。

<家族>

・無病息災。これに尽きる。家族全員が大きな病気(入院レベル)をしないことが目標。

・妻にやさしく接する。

<健康・生活>

・食事の質を上げる。特に野菜、フルーツを多く摂るよう心がける。

・週1回以上のスロージョギング。また、ジョギング結果をSNSもしくはブログに上げる。

・物を捨て、厳選し、シンプルライフを目指す。

・歯の健康を保つ。

<趣味>

・カメラ:RX1RとLEICAをフル稼働し、たくさんの写真を撮り、たくさんの現像をする。カメラ技術を向上するために、関連書籍を3冊以上読む。

・ギター:久しぶりにコピーをする。学生時代にやってた「X JAPAN」で、2曲以上をフルコピできるようにする。

<学習・読書>

・放送大学の卒業。これが今年のメインだろう。ようやく最終学歴が「大卒」になる時がきた。

・今年は仕事が忙しくなるのは間違いないので、ビジネスに関する書物の読書がメインとなるだろう。

・年間通して最低でも50冊(マンガ本含む)は読みたい。また、書評もブログに10冊以上上げる。

・TOEIC:840点以上の取得

<ブログ>

・昨年同様、50回/年以上を目指す。

・”なんとなく”で投稿している部分もあったので、もう少し有用なエントリを書けるよう心がける。

<仕事>

・今年の仕事は自分の人生にとって大きなポイントとなるだろう。ビジネスを考えたり、多くの人と会ったりと、今年、費やす時間が最も多いのがこの仕事だろう。

全ての目標を定量的に評価できるものにしたかったが、自分だけでどうにかなるものではない部分も多いから仕方がない。

昨年の終盤で職場も変わり、今年は”躍動の年”となるだろう。否、そうなるに違いない。

仕事納め

仕事納め

今日で今年の仕事が終わった。

期待していた7月には異動がなく、一時はかなり絶望していたが、11月の異例の時期に異動があり、それから訳も分からないままあっという間に2ヶ月過ぎたという感じだった。

去年の仕事納めは仕事が多すぎてビール缶を片手にギリギリまで仕事をしていたが、今年はまだ新しい部署に来たばかりということもあって仕事を溜めることなく終わらせることができた。

今年の仕事は”なすがままに終わった”という印象だが、来年からは新部署で本格的に仕事を任されることになっていくので、前部署以上の業務量・プレッシャーが想定される。

いま少し体調を崩しているので、年明けまでに体調を万全にして来年の仕事を迎えたい。

3年間を振り返って

本日を以って、今の職場から異動となった。

期間にして3年3ヶ月。数字にするとそこまで長くないが、体感的にはすごく長い時間だった。

22歳からシステム構築を5年経験し、仮想化やアプリケーションといったレイヤの高いところの仕事をしていたある日、こう告げられた。

「○○部(レイヤー1)に異動で」

続きを読む