美容室の帰りに次の予約をする

今日は3ヶ月ぶりぐらいに美容院に行ってきた。

前に美容院に行ってから2ヶ月ぐらい経過した時点で、漠然と「髪切りたいなー」と思いながらもなかなか予約する機を逃し続けて1ヶ月。ようやく重い腰を上げてといった感じだった。

ということで、今回の教訓を踏まえて、美容院の帰り際に次回の予約もしてしまうことにした。

その場で「次の美容院を予約する」というタスクが完了するので、一つのストレスが減ってスッキリする。今後も同じように予約していこうと思う。(冷静に考えれば、次回予約は歯医者なんかかで当たり前のようにやっていることだと気づいたわけだが・・・)

もし同じように予約が面倒で、なるべく頭やToDoリストにタスクを残しておきたくないということであれば、試してみてはどうだろうか。

地元で開催される勉強会でLTに登壇することになった

ひょんなことから、12月初めに地元で開催される勉強会のLTで話すことになった。

内容は、いま仕事で取り組んでいる絡みのことを話す予定。

聞く人たちは全く知らない分野なので、いかに分かりやすく、かついかに楽しく聞いてもらえるかがポイントになるだろう。

人前で話すことは苦手ではないが、LTは初めてなので、楽しんで取り組みたい。

まずは資料作成だが、一般的な講演資料とは違って、1枚のスライドに言いたいことを1行だけ書いたりすることも多いので、かなりの枚数になりそうだ。(別に印刷するわけじゃないからいいけど・・・)

ネットで面白いLTを見て勉強しつつ、早めに資料を作ってリハーサルをしておかないと、直前になってバタバタしそうだから気をつけねば。

私がスマートウォッチ(pebble)を使う理由

昨年にPebble timeを購入してから約1年が経過しているが、変わらず毎日愛用している。

飽きっぽい自分が同じモノを1年以上使うこと自体めずらしいので、なぜ使い続けていられるのかを振り返ってみたい。

  • 普通の時計として機能する。スマート”ウォッチ”というぐらいだから当たり前だが、普通に時計として機能するので、時間をチェックには事欠かない。
  • 待受画面が変更できる。飽きっぽい自分にとても貢献しているのがこの機能。その日の気分に応じてアナログ時計にしたりデジタル時計にしたりと、すぐに変更できる。シンプルなものからカラフルなものまであるので、飽きることがない(とはいえ、お気に入りのやつで固定されていくけど)
  • スマホをカバンに入れておける。スマホの普及とともに進むスマホの拡大化によって、ポケットにスマホを入れることが億劫になった。スマートウォッチをつけていれば、カバンの中にスマホを入れておいても、通知が来たら腕がブルッと鳴るので何ら支障はない。しかも通知内容もある程度の中身が見れるので、今すぐチェックする必要があるかどうかを判断し、必要なければスルーできる。
  • 話のネタになる。Apple Watchを筆頭し、これだけスマートウォッチが世の中に普及しているものの、未だに「なにそれ〜?」と聞かれることが多々ある。「こいつオタクだ!」と思われているかもしれないが、自分のような話ベタな人間には話題のネタになるので助かっている。

ここからは、逆に使わなくなった機能も書いておく。

  • 睡眠管理。Pebbleは、勝手に睡眠を判定して睡眠記録を取ってくれるので、最初は気に入って使っていたが、精度が悪いことに気づき使わなくなった。

購入当初に比べ、画面もベゼルもたくさん傷ついてしまっているが、次のスマートウォッチ(Pebble time2かApple Watch2を検討中)を買うまでは引き続き愛用していく。

手帳には4色ペンで色分けしながら書き込む

いま使っている手帳(2016年版能率手帳ゴールド)には、4色ペンを使って書き込んでいて、それぞれの色には以下のようなルールを持たせている。

  • 黒:仕事。1週間のうち最も時間を使う仕事には黒を割り当てる。だいたいいつも仕事に追われているので、手帳の見開き8〜9割ぐらいは黒文字が占めている。
  • 青:投資。自分が「この時間は自分にとって価値のある時間だ」と判断したら青で記載する。仕事であろうが、ダラダラと動画を観ようが、自分にとって投資の時間だと感じたら青を使う。4色の中で最も増やしたい色である。
  • 緑:家族・趣味。家族との時間やギターを弾く時間など、投資の時間でもあるが充電時間でもある場合は緑で記載する。
  • 赤:休み。休暇予定などを記載。

ペンはSHARPのジェットストリーム多機能ペン 4&1を使用していて、予定を書く際はまず最初にシャープペンで書き込んでいる。

そして1日が終わり、夜の落ち着いた時間に1日の振り返りを行いながら、過ごした時間が上記のどの時間に該当するかを判断して色別で清書する。また、清書後は予定の右に一日の気づきを2〜3行程度で記載する。(もちろん、気づきも内容に応じて色分けしている)

色分けをすると、1週間を振り返るときに自分の過ごしてきた時間が一目瞭然でわかりやすいので、興味が湧いたら試してみるのも良いかも。

2017年版の能率手帳ゴールドが届いた

先日注文した、来年のネーム入り能率手帳ゴールドが届いた。

中身一覧封筒箱

中身一覧

↑中身は一昨年と全く変わらない感じ。統一されていて逆に好印象かな。

ご対面

ご対面↑年号とネームのバランス悪!!

冊子

メモ用冊子↑冊子が2冊ついてくるのも変わっていない

ネーム

ネーム↑これは正直失敗だった・・・ネームはこれまでどおりの字体(明朝体)が良かった。

小型版との比較

小型版との比較↑昨年・一昨年は小型版だったが、今年は通常版(?)を購入したのでサイズを比較。小型よりちょっとだけ大きいように見えるが、手に持ってみると明らかに大きさが違うのが分かる。

手帳は今年の12月スタートなので、あと1ヶ月はおあずけだが、12月からはこの手帳に見られたら恥ずかしいようなことをたくさん書いていきたい。

なお、10月11日に注文してから28日に届いたので、ネーム入りだと15日ぐらいかかるらしい。注文される方はお早めに。