私がスマートウォッチ(pebble)を使う理由

昨年にPebble timeを購入してから約1年が経過しているが、変わらず毎日愛用している。

飽きっぽい自分が同じモノを1年以上使うこと自体めずらしいので、なぜ使い続けていられるのかを振り返ってみたい。

  • 普通の時計として機能する。スマート”ウォッチ”というぐらいだから当たり前だが、普通に時計として機能するので、時間をチェックには事欠かない。
  • 待受画面が変更できる。飽きっぽい自分にとても貢献しているのがこの機能。その日の気分に応じてアナログ時計にしたりデジタル時計にしたりと、すぐに変更できる。シンプルなものからカラフルなものまであるので、飽きることがない(とはいえ、お気に入りのやつで固定されていくけど)
  • スマホをカバンに入れておける。スマホの普及とともに進むスマホの拡大化によって、ポケットにスマホを入れることが億劫になった。スマートウォッチをつけていれば、カバンの中にスマホを入れておいても、通知が来たら腕がブルッと鳴るので何ら支障はない。しかも通知内容もある程度の中身が見れるので、今すぐチェックする必要があるかどうかを判断し、必要なければスルーできる。
  • 話のネタになる。Apple Watchを筆頭し、これだけスマートウォッチが世の中に普及しているものの、未だに「なにそれ〜?」と聞かれることが多々ある。「こいつオタクだ!」と思われているかもしれないが、自分のような話ベタな人間には話題のネタになるので助かっている。

ここからは、逆に使わなくなった機能も書いておく。

  • 睡眠管理。Pebbleは、勝手に睡眠を判定して睡眠記録を取ってくれるので、最初は気に入って使っていたが、精度が悪いことに気づき使わなくなった。

購入当初に比べ、画面もベゼルもたくさん傷ついてしまっているが、次のスマートウォッチ(Pebble time2かApple Watch2を検討中)を買うまでは引き続き愛用していく。