1年を振り返って

恐ろしく早い1年だった。仕事と家族サービスだけで90%は過ごしたに違いない。

年をとるほどに時間の経過が早くなるというが、どうやら本当らしい。

仕事では中堅社員として大量の仕事を押し付けられ、家庭では3歳間近となり動きが活発な娘の相手。今年は体力的にも精神的にも疲労が残る1年なったが、では悪いことばかりだったかといえばそうではない。

まず、何よりも家族の健康だろう。妻子とも大きな病気にもならず、娘はアレルギーによるアナフィラキシーショックを起こさずに済んだ。それもこれも妻が気を遣ってくれたおかげだろう。

また、私自身は気胸に見舞われることがなかった。気胸が起こりやすい季節の変わり目である4月・9月前後、仕事中にそれらしい違和感を感じることがあったが、早めに切り上げるなどして防止に努めたことが功を奏したのかもしれない。

次に、カメラを本気で楽しめるようになったことだ。

昨年10月ごろにライカを手に入れてから少しずつ『写真』というものにハマっていったが、写真を撮るためだけに外出をしたり、カメラの構造を学んだのは今年になってから。さらに9月に「RX1R」を購入したこともあって、今年は自分にとって正に「カメラ元年」になったと言える。

正直、今年は仕事に忙殺されてしまい、空き時間もストレス発散のために動画をみたりするなどして放送大学などの「学習のための時間」を確保できなかった。

残り3時間。もう少ししたら、家族で近くのお寺へ行く予定だ。

今年も終わる・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です